特許ポートフォリオ

大脳皮質細胞からのL1CAM陽性細胞の取得および細胞製剤としてのその使用

管理番号 AJ209
出願番号(出願日) PCT/JP2019/051652(2019/12/27)
公開番号(公開日) WO2020/138510(2020/07/02)
優先権主張番号(優先日)

特願2018-247960 (2018/12/28)

特許番号

-

発明者 高橋淳、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 大脳皮質細胞からのL1CAM陽性細胞の取得および細胞製剤としてのその使用
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は、細胞表面マーカーL1CAMを指標にして、哺乳動物由来の大脳皮質細胞からL1CAM陽性細胞を単離し回収することによる、L1CAM陽性細胞の取得方法に関する。本発明者らは、大脳皮質脊髄路に移植された時に、軸索を錐体交叉に投射することのできる移植に適した大脳皮質細胞を選別できる新規マーカーとしてL1CAMを同定した。

コメント

-

更新日 2020/11/11
公報 PDFデータ
ページ上部へ