特許ポートフォリオ

ウイルス様粒子及びその使用

管理番号 AJ202
出願番号(出願日) PCT/JP2019/027708(2019/07/12)
公開番号(公開日) WO2020/013317(2020/01/16)
優先権主張番号(優先日)

特願2018-133682(2018/07/13)

特許番号

-

発明者 堀田 秋津、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 ウイルス様粒子及びその使用
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は対象タンパク質をウイルス様粒子(VLP)に効率よく封入する技術を提供することを目的とし、具体的には、前記対象タンパク質と2量体を形成しているGagタンパク質を含み対象タンパク質が封入されたVLPに関する。好ましい形態として、前記Gagタンパク質及び前記対象タンパク質の一方はFK-506 binding protein (FKBP12)との融合タンパク質であり、他方はFKBP12-rapamycin associated protein 1, FRAP1 fragment (FRB)との融合タンパク質であり、前記2量体において前記FKBP12とラパマイシン又はラパマイシン誘導体と前記FRBが結合しているVLPに関する。

公報 PDFデータ
ページ上部へ