特許ポートフォリオ

微生物由来化合物を用いたアルツハイマー病の予防、治療、または診断薬

管理番号 AJ195
出願番号(出願日) PCT/JP2019/016029(2019/04/12)
公開番号(公開日) WO2019/198825(2019/10/17)
優先権主張番号(優先日)

特願2018-077632(2018/04/13)

特許番号

-

発明者 井上 治久、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 微生物由来化合物を用いたアルツハイマー病の予防、治療、または診断薬
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は、微生物由来化合物を用いたアルツハイマー病(AD)の予防、治療、又は診断薬に関する。具体的には、Mer-A2026A、ベルカリンA、カラフンギン、コンカナマイシンA、エフォマイシンA、ブレフェルジンA、ユーペニフェルジン、エライオフィリン、及びボロマイシンからなる群から選択される1種以上の化合物を含むADの予防または治療剤、並びにこれら前記の化合物、ロリジンA、ロイカニシジン、バフィロマイシンA1、及びバフィロマイシンB1からなる群から選択される1種以上の化合物を含むADの診断薬に関する。発明者らはAD患者由来のiPS細胞から分化誘導した神経細胞を用いて、種々の微生物由来化合物ライブラリーをスクリーニングした結果、前記特定の化合物が該神経細胞においてAβ42量やAβ42/40比を変化させることを見出し、本発明を完成させた。

公報 PDFデータ
ページ上部へ