周辺特許情報

幹細胞の分化状態の判定方法及びこれに用いられる新規な分化マーカー 登録

公開番号 WO2016/027842
公開日 2016/02/25
特許番号

特許第6593335号

発明者 林田 幸信
出願人 富士フイルム和光純薬(株)
発明の名称 幹細胞の分化状態の判定方法及びこれに用いられる新規な分化マーカー
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は、iPS細胞又はES細胞の分化状態の判定方法に関し、分化誘導処理を施した又は未分化状態を維持する処理を施したiPS細胞又はES細胞のFOXB2 mRNAを検出し、下記(1)又は(2)の方法により判定を行うことを特徴とする;(1)分化誘導処理後又は未分化状態を維持する処理後7日目までにFOXB2 mRNAが検出された場合に、その細胞が分化した状態であると判定する;又は(2)(i)未分化状態であることを確認した対照のiPS細胞又はES細胞のFOXB2 mRNAを検出し、分化誘導処理後又は未分化状態を維持する処理後7日目までの被検細胞のFOXB2 mRNAの検出量が、対照のiPS細胞又はES細胞のFOXB2 mRNAの検出量より多い場合に、該iPS細胞又は該ES細胞は分化した状態であると判定する。

更新日 2019/12/04
備考 -
ページ上部へ