iPSアカデミアジャパン研究助成

iPSアカデミアジャパン研究助成について

iPSアカデミアジャパンは、設立10周年記念事業として、2018年度より新たに研究助成事業を創設しました。本助成は、未来ある若手研究者の創造的な研究を支援することで、日本で生まれた画期的な研究成果であるiPS細胞関連技術を更に普及・発展させることを目的とします。

2018年度採択者(五十音順、敬称略)

上田 香織

神戸大学大学院医学研究科 外科学系講座眼科学分野
特定助教

「疾患iPS細胞を用いたレーベル遺伝性視神経症の病態研究」

嶋田 逸誠

名古屋市立大学大学院医学研究科 細胞生化学分野
講師

「多機能的転写因子によるミニブレイン神経幹細胞の運命決定制御機構の解析」

杉村 竜一

京都大学 iPS細胞研究所 臨床応用研究部門
特定研究員

「臓器連関再構成organ-on-a-chipデバイスとiPS細胞技術の相互作用による血液発生機構の解明」

林 洋平

理化学研究所 バイオリソース研究センター
iPS細胞高次特性解析開発チーム チームリーダー

「転写因子-DNA複合体の構造解析に基づいた次世代人工リプログラミング因子の開発」

前 伸一

京都大学 iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門
特定拠点助教

「ヒトiPS細胞由来尿管芽の再生によるin vitro腎嚢胞モデルの開発」

なお、2月6日に予定しております授賞式の様子は、終了後に掲載予定です。

2018年度募集要項 概要

2018年度 iPSアカデミアジャパン研究助成 応募期間:2018年9月3日(月)〜10月31日(水)必着 画像をクリックするとチラシPDFがご覧いただけます。
対象研究 iPS細胞分野における国内での基礎研究及び応用研究
助成金額 200万円/件
助成件数 最大5件
応募資格
  • 国内の大学又は公的研究機関に所属し対象研究に従事している者
  • 40歳未満(1978年4月2日以降に出生した者)
応募期間 2018年9月3日(月)~2018年10月31日(水)必着
応募の受付は終了しました。
選考結果 2019年1月上旬(予定)までに採択者を当社HPに掲載し、各採択者には採択通知を郵送
贈呈式 2019年1月下旬(予定)に京都大学国際科学イノベーション棟ホールにて開催
成果発表 2020年1月開催予定の来年度の本助成記念セミナーにて研究成果を発表

応募方法

募集要項及びQ&Aにて詳細を必ずご確認ください。その後下記の申請書・推薦書をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、josei@ips-ac.co.jpまでE-mailで送付してください。
2019年度の募集要項は、2019年8月頃公開予定です。

選考委員会

委員長
吉田 修 京都大学名誉教授、天理医療大学学長、当社元代表取締役社長
委員
齊藤 博英 京都大学 iPS細胞研究所 副所長・教授
白橋 光臣 当社代表取締役社長
高倉 伸幸 大阪大学 微生物病研究所 教授
戸口田 淳也 京都大学 iPS細胞研究所 副所長・教授
京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 教授
水口 裕之 大阪大学大学院薬学研究科 教授
医薬基盤・健康・栄養研究所 招へいプロジェクトリーダー

(五十音順:敬称略) 

お問い合わせ

iPSアカデミアジャパン株式会社 研究助成事務局
josei@ips-ac.co.jp

ページ上部へ