周辺特許情報

ヒト胚性幹細胞の侵害受容器分化のための方法およびその使用 登録

公開番号 2017-55767
公開日 2017/03/23
特許番号

特許第6574753号

発明者 ローレンツ スチューダー、ほか
出願人 メモリアル スローン-ケタリング キャンサー センター
発明の名称 ヒト胚性幹細胞の侵害受容器分化のための方法およびその使用
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は、インビトロで幹細胞(ヒトiPS細胞の場合を含む)のメラニン芽細胞への定方向性分化を誘導するための方法に関し、第一シグナル伝達インヒビター、第二シグナル伝達インヒビター、第三シグナル伝達インヒビターおよびメラニン芽細胞の誘導を増強する分子を幹細胞を含む細胞培養物に添加することを含み、前記第一シグナル伝達インヒビターはTGFβ/アクチビン-ノーダルシグナル伝達を低下させ、前記第二シグナル伝達インヒビターはSMADシグナル伝達を低下させ、前記第三シグナル伝達インヒビターはWntシグナル伝達の活性化のためにGSK3βを低下させ、前記メラニン芽細胞の誘導を増強する分子がBMPおよびエンドセリン(EDN)を含む、方法。

更新日 2019/10/31
備考 -
ページ上部へ