特許ポートフォリオ

肝細胞の製造方法

管理番号 AJ208
出願番号(出願日) PCT/JP2019/050926(2019/12/25)
公開番号(公開日) WO2020/138208(2020/07/02)
優先権主張番号(優先日)

特願2018-242917 (2018/12/26)

特許番号

-

発明者 長船健二、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 肝細胞の製造方法
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は、Hnf4a、Foxa3、Cebpa、Cebpd、Hnf6およびOnecut2を体細胞に導入し培養して肝細胞を誘導することによる、肝細胞の製造方法に関する。本発明の方法で誘導された肝細胞は機能的に成熟しており、再生医療、創薬、薬剤肝毒性評価等に有用である。また、前記の6因子に加えMycを導入すること、およびTGF-β受容体阻害剤を用いて培養することにより、誘導される肝細胞の機能的成熟度をさらに上げることができる。

コメント

-

更新日 2020/11/11
公報 PDFデータ
ページ上部へ