特許ポートフォリオ

中間中胚葉細胞から腎前駆細胞への分化誘導方法、および多能性幹細胞から腎前駆細胞への分化誘導方法

管理番号 AJ162
出願番号(出願日) PCT/JP2018/019886(2018/5/23)
公開番号(公開日) WO2018/216743(2018/11/29)
優先権主張番号(優先日)

特願2017-104021 (2017/5/25)

特許番号

-

発明者 末田伸一、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 中間中胚葉細胞から腎前駆細胞への分化誘導方法、および多能性幹細胞から腎前駆細胞への分化誘導方法
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は、多能性幹細胞からネフロン前駆細胞を高効率で製造する方法であり、腎発生の各段階を正確に再現した分化誘導法であることを特徴とする。これにより本発明は、発生各段階での細胞解析を可能にし、後腎に派生する疾患のモデル作製にも有用である。

コメント

-

更新日 2018/12/18
公報 PDFデータ
ページ上部へ