特許ポートフォリオ

疾患iPS細胞を用いた神経毒性評価モデル系及びその使用

管理番号 AJ157
出願番号(出願日) PCT/JP2018/017828(2018/5/8)
公開番号(公開日) WO2018/207789(2018/11/15)
優先権主張番号(優先日)

特願2017-093450 (2017/5/9)

特許番号

-

発明者 井上治久、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 疾患iPS細胞を用いた神経毒性評価モデル系及びその使用
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は、シャルコー・マリー・トゥース病患者由来のiPS細胞から誘導した神経細胞を用いた、化合物の神経毒性の評価方法に関する。本発明は、神経毒性を引き起こすことが知られている抗がん剤の暴露の影響(神経突起内のミトコンドリアの凝集)について、当該神経細胞における場合と、健常者由来iPS細胞から誘導した神経細胞の場合を比較したところ、当該神経細胞における影響がより顕著であったとの発見に基づく。

コメント

-

更新日 2018/12/18
公報 PDFデータ
ページ上部へ