特許ポートフォリオ

核初期化方法 登録

管理番号 AJ002
出願番号(出願日) PCT/JP2008/070365(2008/10/31)
公開番号(公開日) WO2009/057831(2009/5/7)
優先権主張番号(優先日)

US 61/001,108 (2007/10/31)
US 60/996,289 (2007/11/9)
US 12/213,035 (2008/6/13)

特許番号

特許第5349294号

発明者 山中伸弥、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 核初期化方法
発明の概要
(産業上の利用分野等)

・人工多能性幹細胞を効率的に製造する方法であって、3種の遺伝子(Octファミリー遺伝子、Klfファミリー遺伝子、及びSoxファミリー遺伝子)を体細胞に導入する工程を含む、人工多能性幹細胞を効率的に製造する方法に関する発明。
・2種の遺伝子(Octファミリー遺伝子及びSoxファミリー遺伝子、又は、Octファミリー遺伝子及びKlfファミリー遺伝子)と、3種の遺伝子(L-Myc、Sall1、及びSall4)から選ばれる少なくとも1種の遺伝子とを体細胞に導入する工程を含む、人工多能性幹細胞を効率的に製造する方法に関する発明。

コメント

iPS細胞の誘導時に、特定遺伝子を追加もしくは置換する改良方法に関する。

更新日 2015/11/11
公報 PDFデータ
ページ上部へ