特許ポートフォリオ

人工多能性幹細胞の製造方法および培養方法 登録

管理番号 AJ013
出願番号(出願日) PCT/JP2010/059493(2010/5/28)
公開番号(公開日) WO2010/137746(2010/12/2)
優先権主張番号(優先日)

US 61/182,542 (2009/5/29)

特許番号

特許第5765714号

発明者 山中伸弥、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 人工多能性幹細胞の製造方法および培養方法
発明の概要
(産業上の利用分野等)

核初期化因子が導入された体細胞を、核初期化因子が導入されていない自己細胞をフィーダー細胞として共培養することによりiPS細胞を製造する方法に関する発明。また、核初期化遺伝子が導入されたヒト体細胞を、核初期化因子が導入されていないヒト体細胞(自己あるいは非自己)をフィーダー細胞として共培養することによりヒトiPS細胞を製造する方法に関する発明。さらに、iPS細胞(ヒトiPS細胞)を体細胞(ヒト体細胞)の培養上清を用いて培養する、iPS細胞(ヒトiPS細胞)の培養方法に関する発明。

コメント

・国際段階。
・同一の個体から得られた細胞をフィーダー細胞として用いてiPS細胞を製造する方法である。このことにより、iPS細胞作製時における他種細胞や他種細胞に由来する未知の病原体の混入を防ぐことが可能である。

更新日 2015/11/11
公報 PDFデータ
ページ上部へ