社内研究用ライセンス

以下の条件に該当する場合はライセンスプログラムにお戻りください。

  • iPS細胞を再生医療、細胞治療・移植等、ヒト・動物の治療、予防、診断等の医療用途に使用する
  • iPS細胞等(iPS細胞及びiPS細胞由来分化細胞)及びiPS細胞関連製品を販売する

社内研究用ライセンスプログラム

契約①〜契約④は企業規模・対象地域等によって契約条件が異なります。

詳細はお問い合わせください。

ライセンス具体例

例1

試薬製造業

国内非営利機関からiPS細胞を入手し、iPS細胞の培地の社内研究開発のために、当該iPS細胞を使用することを希望

契約書概要を詳しく見る

契約①

例2

医薬品製造業

細胞・臓器・組織への分化誘導方法を確立するために、自社プロトコルで作製したiPS細胞を使用することを希望

契約②

例3

医薬品製造業

当社のライセンシーからiPS細胞を購入し又は非営利機関からiPS細胞を入手し、自社で当該iPS細胞から分化誘導した分化細胞を創薬スクリーニングで使用することを希望

契約③

例4

医薬品製造業

自社プロトコルで作製したiPS細胞から、自社で分化誘導した分化細胞を創薬スクリーニング用途で使用することを希望

契約④

例5

試験機器製造業

当社のライセンシーからiPS細胞を購入し、iPS細胞の自動培養装置の社内研究開発のために、当該iPS細胞を使用することを希望

当社との契約は不要

契約書概要(契約①)

人工多能性幹細胞(iPS細胞)使用に関する特許実施許諾契約書(案)

契約①契約書(案)

許諾特許 ①特許第5098028号(AJ001)
②特許第4183742号(AJ001)
③特許第4411362号(AJ001)
④特許第4411363号(AJ001)
⑤特許第5248371号(AJ001)
⑥特許第5467223号(AJ001)
⑦特許第5603282号(AJ001)
⑧特許第5943324号(AJ001)
許諾細胞 国内外非営利学術研究機関から提供されるiPS細胞(その複製物及び派生物)5株種まで
許諾実施権 非独占的通常実施権
実施許諾範囲 許諾細胞を自らの研究施設で研究目的のみに使用する権利を許諾する。
ただし、以下の行為を禁止する。
  1. 第三者への提供(提供形態は問わない)
  2. ヒト及び動物への投与、診断その他ヒトに対する使用
  3. 医薬品候補物質等のスクリーニングでの使用
許諾地域 日本国内
対価 50万円/年~
契約期間 3年間
ページ上部へ