導入特許募集

iPSアカデミアジャパンでは、iPS細胞関連技術の実用化を促進する目的で、国内外、アカデミア・営利企業の別を問わず、出願中の発明から権利化済みの特許発明まで、幅広い分野の発明を当社特許ポートフォリオに導入することを積極的かつ継続的に進めています。

iPS知財サイクル

幅広い関連技術で産業応用に貢献

体細胞を初期化してiPS細胞を作製する技術の発明以来、創薬分野や再生医療分野での技術進歩や関連技術の拡大に伴い、初期化基本技術のみならず、幅広い周辺技術が、産業応用において非常に重要な役割を果たすようになっています。そのような状況を踏まえ、当社ではiPS細胞の初期化関連技術に加えて、分化誘導方法、分離精製や細胞保存など、多能性幹細胞に関連する発明を幅広く取り扱っております。

多くの企業の皆様に検討いただくために

多能性幹細胞関連発明に特化した当社特許ポートフォリオは、この分野で事業展開を希望する企業等からの注目度が高いことに加えて、当社による各種プロモーション活動を通して広くその発明内容を認知して頂けることから、当社特許ポートフォリオへの導出は、より多くの企業の皆様に、各発明の実施についてご検討いただける機会が増えると考えています。

導入契約について

当社特許ポートフォリオへの特許発明の導入にあたっては、通常は特許権者様と当社との間で特許実施権許諾契約を締結することになりますが、特許権の譲渡にも対応しておりますので、詳細はお気軽にお問い合わせください。

アカデミアへの支援制度

2017年度からスタートいたしました「特許補助金制度」では、国内アカデミアの研究成果の知財化を促進するため、出願・権利化費用の支援を行っておりますので、詳細等については下記をご覧ください。

ページ上部へ