特許ポートフォリオ

標的遺伝子を編集する蛋白質を細胞特異的に制御する方法

管理番号 AJ218
出願番号(出願日) PCT/JP2020/021106(2020/05/28)
公開番号(公開日) WO2020/241748(2020/12/03)
優先権主張番号(優先日)

特願2019-102749 (2019/05/31)

特許番号

-

発明者 齊藤博英、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 標的遺伝子を編集する蛋白質を細胞特異的に制御する方法
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は、標的細胞特異的に標的遺伝子を編集することを可能とする方法であって、標的遺伝子を編集するタンパク質(例えば、Cas9)を不活性化するタンパク質(例えば、AcrllA4)の発現を、標的細胞で特異的に活性が高いmiRNAによって特異的に認識されるmiRNA応答性mRNAスイッチ(例えば、miRNA反応性AcrllA4スイッチ)を用いて制御することによる方法に関する。本発明によれば、標的となるmiRNAの活性が高いときに標的遺伝子が編集されるシステムを実現することができる。

更新日 -
公報 PDFデータ
ページ上部へ