特許ポートフォリオ

原始腸内胚葉細胞及びその作製方法

管理番号 AJ222
出願番号(出願日) PCT/JP2015/084379(2015/12/08)
公開番号(公開日) WO2016/093222(2016/06/16)
優先権主張番号(優先日)

特願2014-248694(2014/12/09)

特許番号

-

発明者 武部貴則、ほか
出願人 公立大学法人横浜市立大学
発明の名称 原始腸内胚葉細胞及びその作製方法
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は、少なくとも肝細胞、膵細胞及び腸細胞に分化しうる細胞に関し、当該細胞は多能性幹細胞を分化させた後、継代を少なくとも1 回以上実施した後に誘導され、未分化(多能性)細胞マーカー(NANOG,OCT4,MYC,LIN28A)が陰性であり、内胚葉細胞マーカー(CXCR4,CER1,HHEX,GATA4)が陰性であり、腸内胚葉細胞マーカー(CDX2,HOXB9)が陽性であり、間葉系細胞マーカー(ブラキュリ(T))が陰性であり、膵細胞マーカー(PDX1)が陰性である。

コメント

以下の各国、各地域についてライセンス用意あり。その他の国についてはお問い合わせください。
インド、カナダ、韓国、シンガポール、タイ、香港

更新日 2020/03/19
公報 PDFデータ
ページ上部へ