特許ポートフォリオ

膵外分泌細胞の誘導方法 登録

管理番号 AJ082
出願番号(出願日) PCT/JP2013/085334(2013/12/26)
公開番号(公開日) WO2014/104403(2014/7/3)
優先権主張番号(優先日)

米国仮出願61/745,945 (2012/12/26)

特許番号

特許第6316822号

発明者 長船健二、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 膵外分泌細胞の誘導方法
発明の概要
(産業上の利用分野等)

本発明は、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤及び/又はNotchシグナルのリガンドタンパク質、並びにプロテインキナーゼC活性化剤を添加した培養液中で、PDX1陽性の膵前駆細胞を培養する工程を含む、膵外分泌細胞を製造する方法である。

コメント

再生医療用途分野などでの利用が期待される。

更新日 2018/05/10
公報 PDFデータ
ページ上部へ