特許ポートフォリオ

多能性幹細胞の凍結保存液と多能性幹細胞の凍結保存方法 登録

管理番号 AJ011
出願番号(出願日) 特願2009-126434(2009/5/26)
公開番号(公開日) 特開2010-273549(2010/12/9)
優先権主張番号(優先日)

-

特許番号

特許第5590821号

発明者 岩田博夫、ほか
出願人 国立大学法人京都大学
発明の名称 多能性幹細胞の凍結保存液と多能性幹細胞の凍結保存方法
発明の概要
(産業上の利用分野等)

エチレングリコールを含有し、ジメチルスルホキシドを含有しない多能性幹細胞用の凍結保存液、および該保存液を用いる多能性幹細胞の凍結保存法に関する発明。該保存液を用いることにより、多能性幹細胞を未分化状態に維持したまま、高い生存率で凍結保存することができる。

コメント

・日本国への特許出願。
・分化誘導をもたらす可能性があるジメチルスルホキシド(DMSO)を含有しない凍結保存液

更新日 2015/11/11
公報 PDFデータ
ページ上部へ